『題詠blog』参加。 日記・雑記も兼ねてます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠 021~025
021:競・・・発想がなかなか広がらなかった言葉のひとつ
『競争を忘れた亀の如き吾明日への一歩を忘れてみたい』
『狂句など嗜んでいたその軌跡継いでいるのは誰だと競う』
後の歌は、昨年父が亡くなった時のもの。(狂句…肥後狂句のこと)

022:記号・・・記号を使った言葉って限られてきますね、私には。
『幼子が描いた絵の意味考えるこれは天気か地図記号かと』
『携帯の絵文字も記号も使わないそんなあなたのこだわり知った』

023:誰・・・誰、だれ、ダレ…これはシチュエーションの問題かな?
『友達のままを願って砕かれた 誰が引いたか境界線を』

024:バランス・・・どういうバランスを考えたら良いんだろう?と。
『バランスにかこつけあれこれとる食事量の加減は目を瞑るのか』

025:化・・・色んな可能性がありそうで見付けられなかった。
『近代化どこまで進めば気付くのか人の心を置き忘れたこと』
『忘るるに力を貸してもらいましょう新しいこの化粧品たち』
『老朽化始まっているこの身体労わる術を考えてみる』



上手く歌に繋げられないのが悩みです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 風船がわれるまで 2. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。