『題詠blog』参加。 日記・雑記も兼ねてます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠 011~017
011:すきま・・・迷って迷って・・・
『あの場所で待っていますきまってはメールを寄越す終業間際』

012:赤・・・ちょっと変じゃないかなぁ?と言葉を変えてみたりしたけど、
『まだら髪真っ赤に・・・』とか
『まだら髪深紅に染めて悲しみを後家の憂いを吹き飛ばしてみる』で(016:吹)に
移動してみたりしたけど、納得がいかなかった。
『あの人の真っ赤な嘘と悲しみに触れないように距離をおく午後』
は移動したときに予定していた1首。

013:スポーツ・・・発想がなかなか広がらなかった言葉
『大好きなスポーツカーに目を細め子供みたいにはしゃいでる君』

014:温・・・案外 出てこないもので・・・
『温泉に慣れてしまって感動も感謝も忘れて日常会話』
『人肌の温もり感じあと一日(ひとひ)命繋がり明日へまた継ぐ』

015:一緒・・・一緒といえば、やっぱりね・・・

016:吹・・・最初に浮かんだのはハーモニカだったんだけど、
『ハーモニカ吹いては吸って醸し出す初恋の風土手のそよかぜ』
『花吹雪舞うは机上のモニターで景色は未だ春待ち日和』

017:玉ねぎ・・・玉ねぎといえば、涙からなかなか離れなかった。
『玉ねぎを炒め炒めて甘み出すいつしか涙涸れて乾いて』



以上、今日の投稿歌のお題に関する雑記でした。

GW中。今日の天気は雨。こんな時にちょっと発熱。
な~にやってるんだろう???
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 風船がわれるまで 2. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。