『題詠blog』参加。 日記・雑記も兼ねてます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠 066~070
難しいお題がどんどん続きます。


066:切
『留守の間に今の関係終わらせて手紙の切れ端残し立ち去る』
『ストレスで切羽詰った心には 小鳥の羽音(?)さえも聞こえぬ』
 切り立った崖に阻まれ・・・
 縁切り寺 切り札 切っ掛け
 『切る』という言葉から広がらず・・・

067:夕立
『夕立を抱えた真白き積乱雲私を的にしないでおくれ』
『夕立を抱いた白い積乱雲解き放つのを待つ間楽しき』
『夕立はあなたの所為じゃないけれど確かに別れの予感がしたの』
『夢破れても明日はまたやってくる夕立の後たつ虹のように』
  どんどん深みにはまっていくようで・・・

068:杉
『降り注ぐ杉木立の中木漏れ日が吾を誘う(いざなう)明日へ明日へと』
『杉並区永福町とは懐かしき名前だけれど場所さえ知らぬ』
 大杉さん・小杉さん・杉木立・杉並木・・・

069:卒業
『中学校卒業してから数十年面変わりした初恋の人』

 卒業の二文字だけは許さない振り逃げするのは野球だけだよ
 卒業の二文字理由に振り逃げをする君許せぬ狭量の吾
   ↑ これを何とかしたかったけど・・・

070:神
『神ありき私の心は何処にある彷徨い続ける吾を助けよ』

『神水(くわみず)の鳥居くぐれば教会の十字架仰ぎ落ち着かぬ様』
   ↑ これは、地元での情景なので・・・





やっぱり・・・・・難しいわ~~~
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 風船がわれるまで 2. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。