『題詠blog』参加。 日記・雑記も兼ねてます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

088:錯(星桔梗)
錯覚と自意識過剰が強かったその頃の君吾は知らない
スポンサーサイト

087:天使(星桔梗)
まばたきをする一瞬に見えたのは天使の羽根と信じる童

086:恵(星桔梗)
晴れ続き恵みの雨を待ち望む人々の顔草木の姿

085:うがい(星桔梗)
季節柄ご自愛くださいその裏に手洗いうがいの言葉隠して

084:球(星桔梗)
籠球と胸に刻んだユニフォーム君の隣に居場所があった

083:名古屋(星桔梗)
名古屋市に何区があるかは知らないがあなたが住んだ街だと知ってる

082:研(星桔梗)
秋の夜を研ぎ澄まされし感性で過ごせば新たな世界広がる

081:嵐(星桔梗)
小説の『嵐が丘』の異国の地ヒースクリフの名が木霊する

080:Lサイズ(星桔梗)
ゆったりと男性物のLサイズお下がりの服あなたの匂い

079:児(星桔梗)
図書館の児童書の前賑やかに今日はゲームが中止の日とか

078:合図(星桔梗)
ただ待って待ちくたびれた街角で何の合図で動けば良いの?

077:横(星桔梗)
永遠にあなたの横に居られると夢のまた夢描いてた吾

076:ジャンプ(星桔梗)
得意げに椅子の上からジャンプする孫の成長笑みで迎える

075:量(星桔梗)
質よりも量でこなして子育てを母の思いは伝わったのか

074:銀行(星桔梗)
銀行の隣に佇むアパートで箪笥預金に励む人あり

073:寄(星桔梗)
一人きり過ごす都会の一室で淋しさ忘れる寄せ書き飾る

072:緑(星桔梗)
新緑の季節にいでし君は言う紅葉の頃に我も散りたし

071:メール(星桔梗)
メールでは伝えきれないこの想い逢ってただ抱きしめたいだけさ

070:籍(星桔梗)
大好きな書籍に埋もれ眠る君夢の中での訪問者は誰

069:呼吸(星桔梗)
唐突な君の告白聞かされて一瞬呼吸が止まった気がした

068:踊(星桔梗)
秋空の下で読書の秋と決め『伊豆の踊り子』再読してる

067:葱(星桔梗)
あったかい灯りの下の鍋の中今日こそ主役と葱が張り切る

066:ひとりごと(星桔梗)
聞こえないように言ってよひとりごと笑い話にさえならないよ

065:眩(星桔梗)
夕焼けが綺麗と見蕩れる横顔が僕には眩し過ぎたんだきっと

064:可憐(星桔梗)
ひっそりと咲く野の花がいじらしい綺麗というより可憐に咲いて

063:スリッパ(星桔梗)
気が変わり携帯スリッパ止めにしてアニマル仕様で授業参観

062:浅(星桔梗)
浅井さん浅田さんいや浅野さん思い出せない時間(とき)が邪魔して

061:@(星桔梗)
アドレスの@マークのその先を君は頑固に教えてくれない

060:郎(星桔梗)
『三四郎』読んでもないのに読んだふりしたのは君の気を惹きたいから

059:ごはん(星桔梗)
大切な話はごはんの後にして泣きそうな君に背を向ける僕
Copyright © 風船がわれるまで 2. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。