『題詠blog』参加。 日記・雑記も兼ねてます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

099:茶(星桔梗)
お茶席の作法は未だ知らぬまま苦茶でわびさび飲み干している
スポンサーサイト

098:ベッド(星桔梗)
時と共にベッドカバーの色褪せて喜怒哀楽もまた記憶のかなたへ

097:話(星桔梗)
今宵また昔話の一節を語ってる間に眠りつく吾子

096:模様(星桔梗)
一言で男嫌いと言い放ちバリアは未だ解かない模様

095:裏(星桔梗)
感情を押し殺したまま閉じる手でいとおしく撫でる紅い裏表紙

094:社会(星桔梗)
整然の社会の波に弾かれてゆく道に咲く小花の嘆き

093:祝(星桔梗)
足軽く向かう小道も小走りで空気華やぐ祝いの宴

092:ホテル(星桔梗)
思うらくホテルの壁に刻まれし喜怒哀楽を隠す壁紙

091:命(星桔梗)
天命を全うするまで終わらない吾が生きる道探す旅路は

090:質問(星桔梗)
今日何度同じ質問繰り返す二人の視線は交わらぬまま

089:こころ(星桔梗)
揺れているこころコロコロ転がってポチャンと落ちて波紋拡がる

088:暗(星桔梗)
恋文を暗記したのは何故ですか冷たく別れを告げたあなたが

087:テープ(星桔梗)
埃立つ8ミリテープに残された映像はまだ観る勇気なく

086:石(星桔梗)
武者返し造りし石工汗の跡城の威厳と年月にあり

085:きざし(星桔梗)
明確なきざしが見えてもまだ迷うあの一言がなぜ許せない

084:退屈(星桔梗)
まどろみの縁側陽の中手仕事が退屈しのぎの時間を刻む

083:筒(星桔梗)
書き記すべきか迷える指先は封筒の上動かせぬまま

082:サイレン(星桔梗)
あの夜のサイレンの音繰り返す記憶が安らぎに変わる時まで

081:露(星桔梗)
泣き寝入りしたのを暴露されるよに窓の結露が朝日にキラリ

080:富士(星桔梗)
前髪を下ろした訳は禁断の謎を含みしその富士額

079:塔(星桔梗)
霧の中見え隠れする鉄塔のそのまた上を漂う空気

078:経(星桔梗)
経堂の改札口から数分後あなたの瞳に道を見出す

077:写真(星桔梗)
若き日の想いは写真の裏にある笑顔だけでは語り尽くせぬ

076:まぶた(星桔梗)
疲れより悩める事に段々とまぶたが今を諦めようとしている

075:鳥(星桔梗)
耳にだけ記憶に残し在り処さえ不明なままの沖ノ鳥島

074:英語(星桔梗)
日常を英語に変換しただけで別人になる夢をみただけ

073:像(星桔梗)
言葉では捉えられない残像を胸に刻んで眠りにつこう

072:リモコン(星桔梗)
リモコンの中にある筈無い自由指先だけが知っているんだ

071:鉄(星桔梗)
鉄ほどの強い意志さえ持てぬから風に身任せる柳となろう

なんとか・・・
最終日になって、やっとPCの前にきました。
今日一日で出来るかどうかわかりませんが、なんとか完走出来るようにやってみようと思います。
Copyright © 風船がわれるまで 2. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。